梅雨って英語で何という?

こんにちは、えいごシャワーの中西です。
今回のえいごシャワーブログは、『梅雨』がテーマです!

梅雨って英語で何というの?

『The rainy season』
『The wet season』
のどちらかで伝わります。
『The rainy season』の方が一般的ですので、伝わりやすいかと思います。

また、『Green season』で伝わる場合もあります。
「Green」=緑
雨(水)が降ると緑(木や草)がよく育ちます。
そこから、『Green season』とも呼ばれています。

梅雨は海外にもあるの?

答えは、YESです。
海外にも梅雨はあります。
日本だけと思っていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、世界中であるわけではなく、基本的に東アジアのみなんです!
韓国、中国等が東アジアにあたります。

なぜ、東アジアのみかというと「梅雨前線」が関係しています。
「梅雨前線」は雨季の一種です。
そのため、梅雨と呼ばれる時期はなくても、雨季であれば、世界中にあります。
ちなみに、国や地域によって雨季は異なりますが、ヨーロッパ年がら年中雨や曇りが多いです。
ヨーロッパへ行ったことがある人はご存知かと思いますが、湿気でジメジメしていることが多いです。

梅雨を英語で説明してみよう

さて、英語で梅雨が言えるようになったら、今度は日本の雨季(梅雨)を外国人にわかるように説明してみましょう!

まずは梅雨が雨季であることを伝えましょう!
『In Japan, there is a season called Tsuyu, which means rainy season.』
「日本には、雨季を意味する梅雨という時期があります。」
『Japan’s rainy season is called Tsuyu.』
「日本の雨季は梅雨と呼ばれています。」

梅雨が雨がどれくらい続くのかを伝えましょう!
『Japan has rainy season that lasts about four to six weeks.』
「日本の梅雨の時期は、約4〜6週間続きます。」
『It’s both muggy and wet the whole time.』
「梅雨は、蒸し暑く、ずっと湿っています。」

梅雨の時期に使用する単語

梅雨の時期に使用することが高い単語をご紹介します♪

・湿気/湿度 humidity
・湿気/湿度が高い humid/high humidity
・カビ mold
・湿気による肌のトラブル humidity induced skin problems
・髪がまとまらない get frizzy hair
・生乾き still damp

最後に

いよいよ梅雨が到来ですね。
本日も名古屋市は大雨です。
雨の時は、ほとんどの生徒様がオンラインでレッスンにご参加されます。
もちろん雨の時でも教室は開いておりますので、生徒様に教室受講とオンライン受講をご選択いただいています♪

まずは、無料体験レッスンにてお待ちしております♪

まずは体験授業へ!えいごシャワー名古屋駅前校・栄校まずは体験授業へ!えいごシャワー名古屋駅前校・栄校