Oops, my bad….

英語で謝り方

英語で謝り方わかりますか?みんなさんが「I’m Sorry.」を知っていると思いますが実はもっとよく使われている言い方がいっぱいあります。今日、英語で色々謝りのフレーズを紹介したいと思います。

It’s not so bad

For little mistakes you don’t need to apologize the same way as if you made a big failure. Here are some casual ways to apologize without seeming over the top.

「my bad!」

「すまん」

私の場合は友達や家族と話している時に小さなミスために謝りたいと思うたびに「sorry」の代わりに「my bad」と言います。

「this ones on me」

「これは私のせいだ」

ミスの原因がはっきりわからないけど自分が責任者と思っている時に「this ones one me」と言ったら謝りのことと他人に慰めることもできますので「I’m sorry.」よりかっこいい謝り方と思います。

「Apologies!」

「お詫び」

「お詫び申し上げます」を省略しているバージョンですから短くてもちゃんと謝ることできます。

It’s my fault

Depressed girl crying covering her face with her hands. Weeping woman emotions grief surrounded by hands with index fingers pointing at her, public censure and victim blaming. Human character vector

These phrases are a little more formal and can be used in almost any situation when you need to accept responsibility and apologize for your mistake.

「Please excuse my mistake.」

「私の間違えを許してください」

このフレーズで丁寧に許しを頼めます。このフレーズが職場にいる時によく使えると思います。

「Forgive me for the mishap」

「これで勘弁してください」

この言い方はすごく丁寧な言い方ので仕事でよく使います。特に客様に対して使えると思います。

「I apologize for …」

「。。。ためにお詫びします」

客様と連絡をやり取り時には使っているフレーズです。こちらは書き言葉でも話し言葉で丁寧に伝えておけるので失敗したら申し訳ない気持ち伝いたいならこの言い方はおすすめします。

まずは体験授業へ!えいごシャワー名古屋駅前校・栄校まずは体験授業へ!えいごシャワー名古屋駅前校・栄校