英語で道案内をしよう♪

観光地に遊びに行った際、買い物中の際などに外国人にいきなり英語で話しかけられた経験はありませんか?
何を言っているか、目的地までの道のりはわかるのに助けることが出来なかった経験はありませんか?
今回は簡単に英語で道案内ができるようにいくつかのフレーズをご紹介♪

実は、私も何度かえいごシャワー栄校の近くで道を聞かれた経験があります。
特にオアシス21でイベントがある際は、外国の方で賑やかです。
いつでも知っている目的地を正しく伝えて、外国人の方を助けましょう!

道を聞くとき

道の聞き方、道を聞かれているのかを判断するには相手が何を話しているのか理解することが大切です。
まずは、道を聞くときの英会話から♪

・Could you tell me where Sakae Station is?
「栄駅の場所を教えていただいてもよろしいでしょうか?」
・Could you tell me how to get to Sakae Station?
「栄駅まではどのように行きますか?」
・How do I get to Sakae Station?
「栄駅まではどのように行きますか?」
・How can I get to Sakae Station?
「栄駅まではどうしたら着きますか?」
・I’m looking for Sakae Station.
「栄駅を探しています。」

自分が海外旅行などで道を聞く立場の場合は最初に、「Excuse me〜(すみません〜)」と言うと尚いいですね♪

道案内フレーズ

基本的な表現

まずは基本的な表現をご紹介♪

・go down(行く)
・go straight(まっすぐ行く)
・go past(通り過ぎる)
・turn right(右へ曲がる)
・turn left(左へ曲がる)
・go over(上を越えて)
・go under(下をくぐって)
・cross(反対側)

フレーズ

上記の表現をしようして伝えてみましょう♪

・Go down this street. (この道を進んでください。)
・Go straight this street. (この道をまっすぐ進んでください。)
・Go straight until you get to the pharmacy. (薬局が見えるまでまっすぐ進んでください。)
・Go past the traffic lights. (信号機を通り過ぎてください。)
・Turn right at the green tea cafe.(グリーンティーカフェを右へ曲がってください。)
・Turn left at the convenience store, go straight for one block. (コンビニエンスストアを左に曲がり、1ブロックまでまっすぐ進んでください。)
・Go over the bridge. (橋を越えてください。)
・Go under the bridge. (橋の下をくぐってください。)
・Cross the street. (反対側の道へ渡ってください。)

目的地の場所を伝える

行き方を伝えられたら、あとは目的地の場所を明確に伝えましょう♪

・next to(隣)
・opposite(反対、向かい)
・between(間)
・across from(挟んで)
・near(近く)
・at the end of(終わりに)

目的地の場所の表現を使用して伝えてみよう

上記の表現を使用して、目的地を伝えてみましょう♪

・It’s next to a McDonalds. (マクドナルドの隣にあります。)
・It’s opposite to McDonalds. (マクドナルドの向かいにあります。)
・It’s in between the pharmacy and McDonalds. (薬局とマクドナルドの間にあります。)
・It’s across the street from McDonalds. (マクドナルドから道を越えて反対側にあります。)
・It’s near my house. (私の家の近くにあります。)
・It’s at the end of this street. (この道の終わりにあります。)

道案内時の単語

基本的に道案内で使用される単語集!
ぜひ覚えて活用してみてください♪

・corner (角)
・block (ブロック)
※2ブロック先と伝える時は、two blocksとなります。複数形のsに気をつけましょう。
・station (駅)
・convenience store (コンビニエンスストア)
・pharmacy (薬局)
※日本人に馴染んでいるdrugstoreは、薬や化粧品、食品を販売するところです。
pharmacyは、薬を調剤、販売するところです。
また、イギリスでdrugと言うと麻薬の意味が強くなるので要注意です!
・subway (地下鉄)
・traffic light (信号機)
※traffic=交通、light=光です。合わせて信号機になります。
・intersection (交差点)
・footbridge (歩道橋)
・underpass (地下道)
・sign (看板)
・cross road (交差点)
・crossing (横断歩道)
・stairs (階段)
・end of the road (道のつきあたり)
・you will find/see〜 (〜が見えます)
・that way (あっちの道)
・right here (ここ)

より親切に

注意すべきことがある時

道案内で何か注意しておくことがあれば伝えれるとより相手の方に親切ですね♪
・It’s a very busy road. (とても混んでいる道です。)
渋滞が頻繁にあったり、人通りがかなりある際に教えてあげてください。

目的地まで付いて行く場合

もし同じ方向で一緒に付いて行ける時や時間に余裕があり実際に案内する場合には下記のようなことを伝えて案内してあげましょう♪

・Shall I go with you? (一緒に行きましょうか?)
・I’m going to the same direction, so let’s go together. (そちらの方向へ行くので、一緒に行きましょう。)
・Let me take you to the place, follow me please. (案内しますので付いてきてください。)

聞かれた場所がわからない場合

もちろんあなたがその場所を知らない可能性もありますよね。
その場合、丁寧にわからないことを伝えましょう。

・I’m not sure where that is. (どこかわかりません。)
・Please ask someone else. (他の人に聞いてください。)

最後に

日本に住んでて道を英語で聞かれると場所がわかっていても難しいですよね。
少しずつでもいいので、頑張って使ってみてください。

日本にいながら英語を使えるなんて貴重ですよ♪
是非今回の記事を参考にしていただければ嬉しいです!

えいごシャワーでは、あなたに英語により多く触れていただけます。
受け放題・選び放題だからこそ、あなたのライフスタイルに合わせたコース選択が可能です!
価格もは安いですが、質は高いですよ〜
まずは無料体験レッスンでお待ちしております♪

まずは体験授業へ!えいごシャワー名古屋駅前校・栄校まずは体験授業へ!えいごシャワー名古屋駅前校・栄校