入国審査で使える表現

こんにちは、えいごシャワースタッフの中西です。
みなさんそろそろ年末年始のご予定は決まりつつありますか?
海外へ行かれる方も多いかと思います。
そんな今回は海外旅行の際に必ずある「入国審査」についてです!

入国審査の一般的な流れ

日本を出国し、入国審査があり、荷物を受け取って、税関を通り、入国!
ですね。
目的国に到着し、飛行機を降りたら入国審査場へ向かいます。カウンター前に列があるので並んで、パスポートと入国審査カードを見せます。
ただ、国によっては入国審査カード不要で、パスポートのみで大丈夫な国もありますので事前に調べておきましょう♪
入国審査は、基本的に飛行機の中で配られます。寝てて貰い忘れてもCAさんに言えば、もらえますよ〜。

入国審査の質問

ここが英語が苦手な方が一番困る部分かもですね。
カウンターから審査官がいくつか質問をします。基本的には
・滞在目的
・滞在期間
・滞在先
です。事前に考えておくとスムーズにいきます。
また、質問の他に最近では顔写真や指紋をとる国もあります。
審査官の指示に従って、臨機応変に対応しましょう。審査官は見た目が怖いかもですが、英語が話せない方に慣れているのでジェスチャーをしながらやり方を教えてくれますよ〜。安心ですね!
私も実は何度か審査官のジェスチャーで入国審査をクリアしています笑

入国審査の時に使える表現

基本的な質問と答えです。
これさえなんとか聞き取れて話せればなんとかなります。

・パスポート

入国審査ではまずはパスポート!
パスポートカバーは外すのが基本です。

Q:May I see your passport?
A:Here you are.

Q:パスポートを見せてください。
A:どうぞ。

「Passport please」など短い場合もありますが、とりあえず「パスポート」の単語が聞こえたらパスポートですので、慌てず渡しましょう♪

・滞在目的

Q:What’s the purpose of your visit?
A:For sightseeing./For business.

Q:渡航目的は何ですか?
A:観光です。/仕事です。

「purpose」=目的
「パーパス」と聞こえたら、For の後に名詞や動詞を話しましょう。
わざわざ長いセンテンスを話す必要はありません!!
短く簡潔に自分の目的を話しましょう♪

・滞在期間

Q:How long will you stay in this country?
A:For 4days.

Q:この国にどのくらい滞在しますか?
A:4日間です。

「How long are you going to stay?」「How many days will you be staying?」など審査官によって質問表現は変わってきます。
「How many days~?」「How long~?」など数を数える質問は滞在期間の質問が99%です。聞こえたらこちらも簡潔に数字だけでも答えましょう♪

・滞在先について

こちらの質問は必ずされます。ホテル名や何か書類があれば見せるのもOKです。

Q:Where are you staying in ~?
A:Staying ~ hotel in ~./At the ~.

Q:どこに滞在しますか?
A:~にある~ホテルです。/~ホテルです。

とにかく「Where」は場所を聞いているので、他に覚えることがたくさんある場合はホテルの予約表を見せれば問題なしです!

英語がわからない!

英語が話せないけど海外旅行は好きという方は多いと思います。
そんな時はこの3つをうまく活用しましょう!

1:I beg your pardon?
(もう一度言ってください。)
2:Please speak more slowly.
(もう少しゆっくり言ってください。)
3:I’m not good at English.
(英語がよくわかりません。)

大丈夫です、何とかなります。
ただ、入国審査官や空港職員は英語に不慣れな海外旅行者を常に相手にしているので慣れていますが、街中やお店ではそうはいきません。
何となく通じるからいいやと思っていても実は騙されて高い料金を知らず知らずのうちに支払っていることも!?

そんなことはもうやめましょう!
・英会話に通う時間がない
・月に2万円もかけれない
という方!
えいごシャワーがオススメです!

えいごシャワーは

・格安(月8000~)
・外国人講師
・選び放題、受け放題

まさに時間がない人にはもってこいの英会話スクールなんです!
まずは無料体験レッスンにて詳しくコースなどについてご説明させていただければと思います。
お待ちしております!