もったいないって英語でなんて言う???

まだ役に立つものをそのままにしておいたり、無駄にしてしまったりするとき、よく「もったいない」という言葉を使いますよね。

でも、実はこの言葉(考え方)は、日本特有のものなんです。

英語で表現するためには、少し工夫が必要です。

今日は、そんな「もったいない」の表現方法をご紹介します!

「なんて無駄な浪費を」と表現する言い方

まだ十分に使えるものをさっさと捨ててしまう、すぐに新しいものに買い換えようとするといった「もったいなさ」は、waste を使って《なんという浪費をするんだ君は》のように述べることができます。

☆例文☆

That’s a waste.
それは浪費というものだよ。(もったいないよ)

What a waste! 
なんて無駄遣いをするのさ。(もったいないなあ)

I thought it was a waste of money.
金の無駄だ(もったいない)と思ってしまった。

I think it is wasteful with electricity.
それは電気がもったいないと思う。

何がもったいないのか、という対象は前置詞 of または with を伴って表現されます。

「自分にとって過分な」と表現する言い方

「もったいない」には、「価値あるものが粗末にされて惜しい」の他に、「◯◯過ぎて不相応」という意味合いを持っています。

「be too +形容詞」で「(自分にとって)◯◯過ぎてもったいない」と表現できます。

☆例文☆

He is too good for me.
=彼は私には良すぎる。(彼は私にはもったいない。)

He is too good for that company.
=彼はあの会社には良すぎる。(彼があの会社にいるのはもったいない。)

It’s too cute to eat!
=食べるには可愛すぎる。(可愛すぎて食べるのがもったいない!)

いかがでしたか?

せっかく学んだことを使わないなんてもったいない!!

早速 次のレッスンで使ってみましょう♪