同じ英語でもこんなに違う!アメリカ英語のイギリス英語の違い

こんばんは🌙

突然ですが、 アメリカ英語イギリス英語の違いってご存知ですか?

同じ英語なんだから、大して変わらないでしょ?と思った方も多いかもしれません。

しかし、 アメリカ英語とイギリス英語には、歴史や文化の中で生まれた違いがたくさんあるんです!

今日は、そんなアメリカ英語とイギリス英語の違いについてご紹介します♪

アメリカ英語

アメリカ英語は、省略形が多く親しい印象の表現が多いのが特徴です。

「本来のイギリスの英語を簡単に使えるように、省略に省略を重ねた結果、 カジュアルなアメリカ英語が完成した」と言っても過言ではありません。

「united state」の画像検索結果

イギリス英語

一方で、イギリス英語は、発音や文法が正しく、忠実な文章が特徴です。

また、丁寧礼儀正しい表現を好みます。

「united kingdom」の画像検索結果

アメリカ英語とイギリス英語で異なる単語

たとえば、アメリカ英語とイギリス英語では、同じ意味でも違った単語を使うことがあります。

早速みてみましょう^^

アメリカ:fall
イギリス:autumn

アパート

アメリカ:apartment
イギリス:flat

映画

アメリカ:movie
イギリス:film

エレベーター

アメリカ:elevator
イギリス:lift

横断歩道

アメリカ:crosswalk
イギリス:pedestrian crossing

ガソリンスタンド

アメリカ:gas station
イギリス:petrol station

缶詰

アメリカ:can
イギリス:tin

休暇

アメリカ:vacation
イギリス:holiday

クッキー

アメリカ:cookie
イギリス:biscuit

掲示板

アメリカ:bulletin board
イギリス:noticeboard

携帯電話

アメリカ:cell(ular) phone
イギリス:mobile (phone)

消しゴム

アメリカ:eraser
イギリス:rubber

交差点

アメリカ:intersection
イギリス:cross roads/ junction

高速道路

アメリカ:free way, expressway
イギリス:motorway

ゴミ

アメリカ:trash, garbage
イギリス:rubbish

ゴミ箱

アメリカ:garbage can
イギリス:dustbin

サッカー

アメリカ:soccer
イギリス:football

市街地

アメリカ:downtown
イギリス:city centre

時刻表・時間割

アメリカ:schedule
イギリス:timetable

紙幣

アメリカ:bill
イギリス:note

店員

アメリカ:salesclerk
イギリス:shop assistant

ショッピングセンター

アメリカ:(shopping) mall
イギリス:shopping centre

ズボン

アメリカ:pants
イギリス:trousers

請求書

アメリカ:check
イギリス:bill

セーター

アメリカ:sweater
イギリス:jumper

洗濯物

アメリカ:laundry
イギリス:washing

建物の1階

アメリカ:first floor
イギリス:ground floor

※first floor はイギリス英語で「2階」を指す。ただし、地下1階 (first basement)や地下2階(second basement)はアメリカ英語もイギリス英語も共通。

地下鉄

アメリカ:subway
イギリス:underground, tube

※イギリス英語でsubwayは「地下通路」

駐車場

アメリカ:parking lot
イギリス:car park

鉄道

アメリカ:railroad
イギリス:railway

手荷物・カバン類

アメリカ:baggage
イギリス:luggage

(電車の)駅

アメリカ:train station
イギリス:railway station

いかがでしたか?

アメリカ英語とイギリス英語で、違う単語を使う意味の言葉をご紹介しました。

これ以外にも、アメリカ英語とイギリス英語には、 「綴りの違い」や「文法の違い」 など、細かい違いはたくさんあります。

日本人にとって、同じ英語でありながら国によって違いがあるというのは興味深いですよね。

言語にまつわる歴史の流れや文化の違いを感じながら、ゆっくり覚えていきましょう♪