今日の天気、英語で説明できる?

こんにちは!

6月も後半に入り、もうすぐ梅雨の季節ですねカタツムリ

さて、今日の天気はどうでしたか?

会話の掴みとしても、よく多用される天気に関するトピック。

今日は天気を説明する様々な英会話表現をご紹介します!

「rainy season」の画像検索結果

「晴れ」を表す表現

「晴れ」を表すベーシックの単語は「sunny」

晴れ渡った晴天を表現する際には最適な単語ですよ。

It’s sunny today.
今日は晴れています。

また、「clear」には「澄み切った」という意味があり、そこから転じて「雲一つない」という意味で使うことができます。

It was clear yesterday.
昨日は快晴でした。

The sky is clear and stars are beautiful.
空には雲一つなくて星がとてもきれいです。

 

「曇り」を表す表現

「曇り」を表す表現では、「cloud(雲)」から派生した「cloudy(曇り)」が定番です。

It’s a bit cloudy.
少し曇ってますね。

また、「曇ってどんよりしている」、という表現のときは、こんなフレーズも使えます。

It’s a gloomy day today.
今日はどんよりと薄暗い日だ。

It will be overcast the whole week.
一週間ずっと曇り空(一面曇り)だそうですよ。

 

「雨」を表す表現

を表す単語「rain」、派生した形容詞「rainy」という形容詞は、雨を表す時にもっとも使われる単語です。

Do you think it’s gonna be rainy this weekend?
この週末は雨が降ると思いますか?

We had heavy rain yesterday.
昨日はひどい雨だった。

雨の強さによっては、こんな表現も可能です。

It’s so hot. I suppose there will be an evening shower.
とても暑いですね。夕立が降ってくるのではないでしょうか。

It was pouring when I came back from school.
学校から帰ってきたときには土砂降りでした。

 

もっと詳しく天気を説明する表現(気温、湿度など)

天気の話をしていると必ず出てくるのが「暑い」「乾燥している」などの気温や湿度に関する話題です。

今から紹介するフレーズを使って、具体的に説明してみましょう!

「weather」の画像検索結果

「暑い」

It has been really hot this week.
今週はずっと暑いですね。

It’s melting hot outside.
外は(溶けてしまいそうなくらい)すごく暑い。

 

「暖かい」

春のような心地よい暖かさを表す際には、「warm」という単語がぴったり。

It’s nice and warm today.
今日は暖かくていい天気です。

 

「涼しい」

心地よい涼しさには「cool」が使えます。

It was hot during the day, but evening was cool and I liked it.
日中は暑かったけれど、夜には涼しくなってよかったです。

「寒い」

It is getting cold. Winter is coming.
だんだん寒くなってきました。冬が近づいてきていますね。

The wind is icy.
風が氷のように冷たいです。

The heater went down during the night, and I woke up freezing.
夜の間にヒーターが壊れてしまったので、(寒さに)凍えて目を覚ましました。

 

「湿度が高い・湿気の多い」

Summer in Japan is not comfortable. It’s really hot and humid.
日本の夏は過ごしにくいです。とても暑くてムシムシしています。

 

「乾燥した」

European summer is hot but dry.
ヨーロッパの夏は暑いですが、乾燥しています。

 

お疲れさまでした!

さて、今日はどんな天気でした?

今日紹介したフレーズを使って、説明してみましょう☀

関連画像